短期売買の最高到達点 Zenith of Day trade

変動幅が小さい時の対応方法

変動幅が小さいほど

短期売買で利益を上げるのが難しくなります。

特に単一エントリーの場合はかなりの精度で転換を捉えないとほとんど利益にならない場合もあります。

対応方法が二つあるのでご紹介します。


①時間枠を一つ上げる

つまりMT4の場合は5分足でトレードするということです。

ルールは全く一緒で、獲得pipsが期待できますが、ストップも同様に広くなる傾向にあります。

ただ、この方法はいつも1分足を見ている人にとってはエントリーのタイミングが掴みづらいというデメリットがあります。


②1分足のトレード条件を広げる

5分足を使わなくても、1分足に5分足レベルのインジケーターを表示すれば同じことです。

つまり、通常の売買条件を少し広げてあげることでより多くの変動を獲りに行くやり方です。

わたしとしてはコチラ☝の方をおススメします。

短期トレーダーはより価格に対して感覚が鋭敏になっているので、値動きの機微が感じられる1分足の方がより優位な位置で入る為のタイミングが計りやすいと思うからです。

やるのは

・トレンド定義のパラメーターを大きくするorトレンドインジはMTF対応なので5分足レベルを表示する

・オシレーターのパラメーターを大きくする

ということで、簡単なものです。


逆に変動幅が拡大してもMT4では30秒足や10秒足が表示できないので最小でも1分足です。

変動幅が拡大した場合は価格が中央のMAから乖離したらてきとうに入っても利益になりますが

やはりトレンド方向に入った方がいいのでトレンド定義のパラメーターを短期にして売買することを推奨します。

・その場合はオシレーターのパラメーターも短期に調整すべきでしょう。



わたしは基本的にあまり変更はしません。

・変動幅が小さい時はオシレーターの条件を待たずにバンド幅を参考に利食い優先に変えたり

・変動幅が拡大するまで(主要な高安値をブレイクするまで)トレードしない

などという対応をとります。


トレードノートを付けていれば、成績がイマイチな時、やたらいい時があると思います。

そのデータからどんな時がトレードに適しているのか?を理解すれば

それほど無理してやることもないです。

朝から深夜までトレードして眼精疲労を悪化させるのが一番怖いですからね。


変動幅があればたとえ連敗してもプラスにするのは難しくはないので

要は参加者が多い時間帯にやるのが勝ちやすいということです。

 

別に眼も身体も元気いっぱいで『とにかくいっぱい取引したい!』

というのであれば1日200pipsぐらいを狙うような短期の設定にしてやればいいと思います。

価格の動きからある程度正確な短期転換の予測が必要なんで慣れが必要ですが、とにかく数撃って3~5pipsを獲るやり方です。

けっこう疲れますけどね。1日ならいいですけど5日連続は持たないと思います。

20代前半ならイケるかもですが(・ω・)

わたしは28歳ぐらいで限界でした。

体力づくりを怠っていたっていうのもありますけど。


ということで、夕方までは体を鍛えるか、マンガやトレード本を読むか 寝るか マッサージ屋に行くか

前日の売買の記録を付けたり振り返ったりするか

で、夕方からやるのが効率的だと思います。

 

毎日応援ありがとうございます(*‘ω‘ *)

GWもクリック☟お願いしますm(_ _)m

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト管理人

name:T.K

2004年に国内株式の売買を本格的に開始。
225先物、FXと流れる中でコツコツドカンにより幾度も退場を経験。しかし、そのおかげで生き残りが可能な高勝率短期売買手法を構築するに至る。ジム帰りは酸欠(T_T)

解説書無料DLにはfx-onの会員登録が必要です。

事前に会員登録しておくと無料ダウンロードはスムーズです。
登録するのは『通常会員登録』です。

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

無料配布は常時やっているわけではありません。

配布期間外での配布は行っておりませんので予めご了承ください。

対応に疲れたのでインジのお問合せには当分お返事しません。

アーカイブ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

投票よろしくお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
上のクリックもお願いします(*‘ω‘ *)

経済指標&為替最新ニュース!

FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
外貨取引 手数料FX投資ツール