短期売買の最高到達点 Zenith of Day trade

張本智和選手 負けたけど すごい!

日本時間3時過ぎから張本智和選手vs許キン選手(世界ランキング3位)の試合が始まっています。

今ライブで3ゲーム目見ているのですが

ガチガチに緊張してもおかしくない舞台・対戦相手

なんですね。

それが

4回戦目までとほとんど変わらないようなプレイです。

9-3と厳しい場面から3ポイント連取してるんですが

この子はどこを見てるんでしょうか。


根っこが全然ブレてないですね。

世界一になるのは決まったことで、今はそれまでの過程。

早いか遅いかなら早い方がいいから全力でいくのみ。

まるでこういった刷り込みを年単位でしているような構えがあるように感じます。


正直、中国のトップ選手と同じぐらい思考が読み取りにくいですね。

イライラがプレイを雑にする感じはありますが

それでもここまでプレイに集中できることがすごいです。

両親はどんな教育をしてきたんでしょうか。

母親もかなり強かったようですが

幼少からメンタル強化してきたんでしょうかね。


現在第4ゲーム終盤ですが 諦めません。

6-9と中国有利ですが 許キン選手側はタイムアウトを取りました。

確かにこの第4ゲームが分岐点になりそうなんです。

さすが中国コーチですね。

7-10

内容は決して悪くありません。

8-10

張本スゴイ!

8-11で大4ゲームを落としました。

これは苦しい展開。実力的には大きな差はなく、チャンスはあるんですが

卓球をやっていない人には分からないレベルのミスを誘う回転が中国選手は上手い。


第五ゲームですが、マジで張本選手スゴイです。

でも相手もすごい。

世界ランキング3位と言っても、ランキング上位3人はほとんど差がありませんからね。

このゲームを取れればまだチャンスはあります。

が、4-9と厳しい

相手も全開できてます。

張本選手も全力ですね。むしろ楽しんでいるようです。


第五ゲーム 11-4

スコア1-4で負けました。

いや、これはいい試合を見ました。起きている価値はありましたね。

わざわざ卓球の記事を書いているのはトレードに役立つからです。

卓球はすぐに点が動きます。

短期売買もすぐに損失が出たり 損失が出たりします。

つまり、いちいち落ち込んだり気にしたりしてたら次の好結果を呼び込むための集中力に陰り(恐怖・躊躇)が出ます。

よって、トップレベルの卓球選手を観察し、その思考・感情の動きを診て学ぶことはトレーディングにおけるメンタル強化に繋がるのです。


張本選手は13歳という年齢もあり、短気がどこかで出ると思っていたのですが

想像以上の選手だったようです。

高みをしっかりと見据えている選手でした。


終了後の会見ですが、『悔しい』ということです。

もっと最初から積極的にイケたんじゃないかという事みたいですね。

それよりもプレイを振り返った時の自己分析がすごいです。

13歳でこの論理的思考・・・。


次の大会も近いみたいなのでまた見ようと思います。

来年の世界卓球では軽く優勝するかもしれませんね。

それぐらい技術的・精神的にすごい選手でした。

お疲れ様でした(‘◇’)ゞ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト管理人

name:T.K

2004年に国内株式の売買を本格的に開始。
225先物、FXと流れる中でコツコツドカンにより幾度も退場を経験。しかし、そのおかげで生き残りが可能な高勝率短期売買手法を構築するに至る。
2018年EA化に向けてMQL勉強中

YouTube動画はここをクリックです。

解説書無料DLにはfx-onの会員登録が必要です。

事前に会員登録しておくと無料ダウンロードはスムーズです。
登録するのは『通常会員登録』です。

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

無料配布は常時やっているわけではありません。

配布期間外での配布は通常行っておりませんので予めご了承ください。

次回配布は12月頃を予定しています。

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

投票よろしくお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
上のクリックもお願いします(*‘ω‘ *)

経済指標&為替最新ニュース!

FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
外貨取引 手数料FX投資ツール