短期売買の最高到達点 Zenith of Day trade

2016年8月雇用統計後の展望 ~動画解説~

文字だと詠むのに疲れるかもしれないので動画を撮ってみました。

雇用統計の数字は予想18万人に対し、結果25.5万人でポジティブな結果であり、ドル買い要因となりました。

動画は9分ぐらいです(´・ω・`)

 

ちなみに、米雇用統計(非農業部門雇用者数変化)とは?

非農業部門雇用者数(Non-farm Payroll)とは、米労働省労働統計局が発表する統計の事で、非農業部門に属する事業所の給与支払い帳簿を基に集計されたものです。

自営業、農業従事者を含まず、対象事業所は約40万社・従業員数約4700万人で、全米の約1/3を網羅していると言われています。

米国の雇用情勢を計る、経済指標の中でも最重要な指標です

 

まー、実際は上のようなムツカシイ漢字なんか覚える必要はないんです。

雇用統計の結果が予想よりよければドル買いが発生しやすく、悪ければドル売りの要因になりえる。

しかし、それが絶対ではありません。

大事なのは、米雇用統計では大きな動きが発生するということ。

それだけ理解できればマジで十分です。

発表日時は決まっていて、毎月第一週の金曜日、日本時間の21:30分です。

その時は ポジションを持たないようにする or その動きを狙って逆指値を仕掛ける など、対応は必要です。

指標発表の時間はマネーパートナー経済指標カレンダーヤフーファイナンスで確認できますし、口座をお持ちの方はログイン後のサイトのどこかに経済カレンダーのページがあります。

 

経済カレンダーを見ると 毎日何らかの経済指標の発表がありますが、大きく動く可能性が高い指標は

・米雇用統計 (毎月第一週の金曜発表)

・米FOMC政策金利発表 (次回発表は9/22)

の二つです。

それ以外は予想と結果に大きな乖離がない限りあまり大きくは動けないので、過敏になる必要はありません。

 

では解説動画をどうぞ。 マイクとの距離は3cmぐらいなんですが、音声が小さいです(; ・`д・´)

解説に使ったチャートソフトは MT4 です。

※先日の記事でMT4について書きましたが、7月後半からYJFXがMT4の提供を再開しています。
 発注機能はありませんが、分かり易いマニュアルがあるのはGOOD!ですね(*‘ω‘ *)
 サービス提供を再開するほどYJFXの利用者がMT4を望んでいたということでしょう。
 利用者の声を反映するのは素晴らしいと思います。
 YJFXの発注システムは現状では短期売買には推奨できませんが、MT4には価値があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 8月 11日
    トラックバック:高勝率トレード | speedfx

サイト管理人

name:T.K

2004年に国内株式の売買を本格的に開始。
225先物、FXと流れる中でコツコツドカンにより幾度も退場を経験。しかし、そのおかげで生き残りが可能な高勝率短期売買手法を構築するに至る。
2018年EA化に向けてMQL勉強中

YouTube動画はここをクリックです。

解説書無料DLにはfx-onの会員登録が必要です。

事前に会員登録しておくと無料ダウンロードはスムーズです。
登録するのは『通常会員登録』です。

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

無料配布は常時やっているわけではありません。

配布期間外での配布は通常行っておりませんので予めご了承ください。

次回配布は12月頃を予定しています。

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

投票よろしくお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
上のクリックもお願いします(*‘ω‘ *)

経済指標&為替最新ニュース!

FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
外貨取引 手数料FX投資ツール