短期売買の最高到達点 Zenith of Day trade

2016.12.6火曜 トレード結果

2016.12.07

4 comments

1206

10lot換算で+29pipsです。

25時から動画を撮ってます。

※非常に聞き苦しいので動画は9日から非公開にしました。

消すと動画の管理がめんどうになるのでこのままにしておきます(>_<)


~売買と心情の推移~

22時11分頃 ドル円とポン円にショートエントリー

22時20分頃 決済 +8.2pips  楽勝だな(´・ω・`)

 

22時40分頃 ユロドルとユロ円にショートエントリー

22時45分頃 決済  +5pips  決済早すぎ(´゚д゚`)

 

22:53頃 ポン円にショートエントリー

22時55分頃 決済 -12.1pips  うーん(゜_゜)

23時12分頃 ポン円でロングエントリー

23時15分頃 決済 +12pips   復活!!

 

23時50分頃 ポン円ロングエントリー

23時55分頃 決済  -11.9pips  やっぱりカットかいな(´・ω・)

 

『再度ふり出しか。利食い優先でリズムを掴もう』


24時50分~25時38分 +14pips  大幅損失の可能性もあったよね(*´▽`*)

25時38分~25時53分 +14.1pips 高確か?ロット突っ込んですぐ出ちゃうぜ(‘◇’)

                 突っ込み過ぎた(/ω\)

              撤退あるのみ(; ・`д・´)  


でのトータルが+29pipsという結果でした。

最後のを除けば実質+15pipsぐらいですね。

状況によっては-30pipsという結果もあり得ましたし、逆にもっと利益が増えていた可能性もあります。

 

ただ、明日も明後日もあるので 今日勝たなければならない!ということはありません。

ストップによる損失で落ち込む必要もないですし

取りこぼしで自己嫌悪になる必要もないということです。

 

 

関連記事

コメント

    • ぼぼやま船長
    • 2016年 12月 09日

    こんばんわ(^^)/

    ドル円条件待ちでコメントしてます。

    ディズニーの英語システムはやめときますね。うっかり手を出してしまうとこでした。
    ふぅ~やばかった・・・

    いままでの少ない経験上、はっきりわかったことは
    ミドルラインに引き付けてのエントリ、ストッパ付近でのエントリが
    一番利益でました。ヤバいところでエントリってやつです(^^)
    そうです。基本です。基本通りでいいんです。

    それプラス…

    私は5分足、30分足で上位足の確認をしてますが
    5分、30分でのレジサポラインが1分足でとても有効なことに気づきました。
    ライン付近で寝返って損失という場面が多くあったのでもしやと思い検証。
    条件下+ラインを意識して損切を早めたり、頑張ってホールドしたり
    色々とチャレンジしてみました。薄利になることが多いのですが安心できました。

    動画で「ここまで落ちてくると思うんだよなー」ってよく言ってますよね。
    たいていその通り落ちてきます。それを見ててライン引いてみようかなと(^^)/
    私の思い込みで1分足は他の足に比べて「通常のルールが通用しない無法地帯」みたいな印象があって
    ラインなんて無意味!って思っていたんです。

    今週はラインを組み合わせてトレードしてました。
    5分と30分で意識されてるラインを1分足で引く、ただそれだけなんですが
    じわじわと感覚をつかめてます。
    ようやく利益がだせそうです(^^)/わーい!

    ドル円2ロットですが、条件通りの決済で利益でました!
    ほんの少し「待てる」ようになりましたよ。

    いつも応援してくださるTKさんのきめ細やかなサポートのおかげです。
    本当にありがとうございます。

      • SPEED FX master
      • 2016年 12月 09日

      こんばんは(*‘ω‘ *)

      少し「待てる」ようになられたということで 何よりです(^◇^)

      ミドルラインですが、オシレーター単体だけではどうしても損益比率で不利な場合があるので、
      例えエントリー回数が少なくなってもミドルラインまで待つというルールにしました。

      ストッパ付近では転換(損切り)の可能性も濃くなっているわけですが、損益比率がいいですし
      なにより うまくいけば含み損の時間が短いのでホールドしやすいですよね(*´▽`*)

      30分足の高安値は有効なレジサポになることが多いですね。

      30分足の高値手前で買いポジションを持った時は『ブレイクすれば伸びる可能性が高いし気合のストロングホールドだ!』とか

      逆に、『1分足で買い条件だったからロングのポジションを持ったけど本日安値が近いので損切りは躊躇なく音速で執行しよう!』など

      そういう見方をしてトレードしていけば全体の流れ(相場参加者の思考)が捉えられると思います。

      わたしが『落ちそう』とか『もう少し上げてもいいんだけどな』とか言っているのは
      相場参加者の新規エントリーや決済を狙っている位置を感覚で判断しているからですが

      それも高安値の推移が重要な判断要素です。

      1分足の高安値は多くの人(デカイ資金)が動く可能性の高い当日高安値などに比べればテクニカル分析が通用しにくい(無法地帯w)のは確かにあると思います。

      ただ、短期売買をやる我々はその無法地帯から出来るだけ多くの情報を読み取ることが重要です。

      その為に上位足の高安値と重なる位置を把握することは有効な分析手段ですね(^_-)-☆

      そろそろぼぼやまさんも高値と安値の推移を追って行けば
      『ここは前回高値の手前で動きが止まれば非常に高い確率で落ちるとしか思えないぞ』とか、
      『このN字パターンなら前回高値越える確率が高いしブレイク狙いで買って最低でも前回高値付近まではホールドすべきだな』

      などという『高確パターン』を感じる時があるかと思います。

      もちろん絶対はないのでストッパでの損切りが基本ですが、感覚が育てばエントリーもホールドもどんどん楽になっていくと思いますよー(^^♪

      余談・・・

      値動き(相場参加者の思考・ポジション)がよく診えるようになると感覚優位な売買でどんどん利益になるのですが、大きな損失を呼び込むのも自分の判断を優先し、損切りを無視した結果によるものです。

      自分(の判断)を信じることが必要ですが、それが絶対ではないという理解も必要です。

      何事も起こり得るという前提のもと 値動きに対応し続ける考え方を持っておくのは
      生き残る為の平静さを維持するのに有効だと思います。

      SPEED FXの場合その対応手段・命綱がストッパですね。

      ではでは 眼精疲労をねぎらいつつお金を拾っていきましょう。

      コメありでした(=゚ω゚)ノ

    • ぼぼやま船長
    • 2016年 12月 09日

    追記 風邪早く治るといいですね。無理せずゆっくり休んでください٩(^‿^)۶

      • SPEED FX master
      • 2016年 12月 09日

      ありがとうございます(>_<) ユンケルのんで喉痛がだいぶ治りましたが、鼻水が止まりませんw 半袖でソファーで寝たのが失敗でした・・・。 そろそろ参加者減少して変動幅が上がりやすい時期に入るので トレード前のストッパのフィッティングで損失幅が大きくなりすぎないよう気を付けてください。 ではまたです(^o^)丿

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト管理人

name:T.K

2004年に国内株式の売買を本格的に開始。
225先物、FXと流れる中でコツコツドカンにより幾度も退場を経験。しかし、そのおかげで生き残りが可能な高勝率短期売買手法を構築するに至る。
2018年EA化に向けてMQL勉強中

YouTube動画はここをクリックです。

解説書無料DLにはfx-onの会員登録が必要です。

事前に会員登録しておくと無料ダウンロードはスムーズです。
登録するのは『通常会員登録』です。

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

無料配布は常時やっているわけではありません。

配布期間外での配布は通常行っておりませんので予めご了承ください。

次回配布は12月頃を予定しています。

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

投票よろしくお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
上のクリックもお願いします(*‘ω‘ *)

経済指標&為替最新ニュース!

FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
外貨取引 手数料FX投資ツール