短期売買の最高到達点 Zenith of Day trade

エントリータイミングの裁量判断を消す方法(終わり)

おはようございます。T.Kです(‘◇’)ゞ

何個か前の記事でエントリー判断を0に出来るかもしれないインジケーターの話をしてましたが、

そのインジケーターの配布を終えました。

数件届いていないというお問い合わせもありましたので、迷惑メールなどにもない場合は解説書記載のアドレス宛にご連絡ください。


で、裁量判断を消す方法ですが、バンドタッチでエントリーするというものです。

買い条件ではDSOが下限にある時にミドルバンド以下で買いエントリーという条件がありますが、

それをバンドでフィルタリングするというものです。

インジケーターはミドルバンドの一本外側のバンド更新でのエントリーです。

このバンド幅は2.0~3.0の間で通貨ペアによって調整していただければと思いますが、

わたしの場合2.0にして高安値の推移+DSOのラインクロスを目安にエントリーするのが基本です。


ドル円で高安値の推移とミドルバンドを参考にしたエントリー (7分弱の動画です)

 

ユーロドルでバンドタッチを参考にしたエントリー  (同じことを何度も言って55分になってしまいました。編集するか撮り直すかですね)


勝率の高いポイントはレベルストップ転換後のDSO1~3サイクルまでのポイントなので値幅がなかったり高安値の切り上げ、切り下げが明確じゃなければ転換を待ってからのエントリーで良いと思います。

転換可能性を計る目安にはMACDの0転換を目安にするのが簡単だと思います。

ある程度のトレンド時にはバンドタッチが発生せず、エントリー出来ない場面も多々ありますが、まずはバンドタッチを参考にエントリーに慣れていただくのが良いと思います。

バンドタッチを参考に見ていけば1分足で形成する高安値の転換付近での動きに感覚が敏感になるので 矢印が出ないポイントでも転換可能性の高さを感じてエントリーできるようになると思います。


このように あくまで裁量トレードの支援ツールということで、完璧なサインではないし、完全にあいまいさを取り除けるというわけではないのですが、

それを差し引いてもメイン画面に矢印が出るのはエントリー判断のしやすさに繋がると思います。


わたし一人では到底このようなインジの作成は出来ません。ご尽力いただいた方に感謝の思いでいっぱいですm(_ _)m

出来たらEA化したいので利食いのターゲッティングや有効なストップ条件について感覚ではなく明確な条件付けができないか探ってみようと思います。

主に値幅が問題になってくるので微細な条件付けよりも時間帯かバンド幅でのフィルタリングからですね。

では 応援本当にありがとうございました(≧▽≦)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト管理人

name:T.K

2004年に国内株式の売買を本格的に開始。
225先物、FXと流れる中でコツコツドカンにより幾度も退場を経験。しかし、諦めずに考え続けて1分足でのマイルールを構築。
2018年EA化に向けてi custom勉強中ですがさっぱりわかりません。サッパリです(‘_’)

YouTube動画はここをクリックです。

解説書のDLにはfx-onの会員登録が必要です。

事前に会員登録しておくとダウンロードはスムーズです。
登録するのは『通常会員登録』です。

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

解説書DLありがとうございました。レビューは下の画像リンクからお願いします(≧▽≦)

手法詳細↓

アーカイブ

2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

投票よろしくお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
上のクリックもお願いします(*‘ω‘ *)

経済指標&為替最新ニュース!

為替レートは