FX戦記

トレーディングの聖杯は〇〇です!

ちょっと長くなってしまいましたが、トレーディングで勝ち続ける為に必要な理解について動画を撮りました。

後半がそれで、前半はトレンド定義のパラメーターを重点に解説しています。


損益比率の重要性を完全に理解するまでわたしは10年かかっています。

そしてその10年がはっきりと証明しています。

トレードにおける聖杯は

損益比率である。

と。

勝ち続ける為に損益比率が重要であるということに気付き、

破産確率の低い損益比率を維持することができるならば

どんな手法でも勝ち続けることができます。


トレードで勝ち続ける為に必要な要素は何でしょうか?


『株やFXで勝つのは不可能だ!』

『やるだけ無駄無駄~!!』

などと言う人は、単にトレードで勝ち続ける為に必要な要素を理解していないか、

理解していてもそれを売買に反映させていないかのどちらかだと思います。

 

負けが足りないか、負けの検証や改善が出来ていないとも言えますが、

 

そもそもそれに気づくことがなかなかに難しいのではないかと

経験上感じます。

当たり前のことに気付かない、気付いても実行できない

 

青い鳥はすぐ身近にいた 的な感覚に近いものがあると思います。


1+1-1=1

1+1-20

この『当たり前すぎてバカにしてるのか?』

というような算数がトレーディングで勝ち続ける為に必要な理解であり、極めて重要な要素です。


FXを続けるとなぜ90パーセントの人間は破産するのかワオが解説するスレ : ネタめし.com
なぜ勝てないか語るスレ主

上のリンクは左脳優位な経験の浅い人の考えですが、損益比率については全く言及していません。

いくら似たようなパターンを繰り返すとはいえ、値動きそのものにとらわれては勝ちが遠のくばかりです。

ランダムな動きからこちらに有利な結果を抽出するだけ。

それには利幅を損失幅と同等以上にすればいいだけなんです。


破産確率の低い損益比率で売買➡1割の勝者

破産確率の低い損益比率を取り入れずに売買➡早晩退場の9割組

売買を継続するなら確率で考えれば算数的に当たり前のことですけど

それに気づく前に9割が退場するだけの話(・_・)

単純に考えられない人が9割ということですが、それが「普通」なんですね。

だからこのサイトでは当たり前の話を繰り返しています。

 

ランキングに勢いが出てきました!

応援クリック↓ありがとうございます!(^^)!

関連記事

  1. FX戦記

    恐怖とは何なのか?

    書きかけの記事があったので少し加筆してアップしました。6月頭に…

  2. FX戦記

    FOMC後のスキャル動画

    FOMCで思ったほど動かずにユロドルでしか獲れなかったんで寝る…

  3. FX戦記

    10月17日以降について動画解説

    相場解説は7分ぐらいです。その後は手法解説書応募者に向けての動…

  4. FX戦記

    2016.9.5月曜 トレード結果

    動画を撮ってたんですが、1時間以上になってしまい 無言の時間が多すぎる…

  5. FX戦記

    ケータイトレードは難しい。

    先月から知人がアイフォンでトレードするということでわたしもiP…

  6. FX戦記

    2017.1.9 新年一発目のトレード結果( ゚Д゚)

    新年一発目は損切りからのスタートとなりました。転換位置…

コメント

    • Hiro
    • 2017年 4月 12日

    いつも、動画での解説ありがとうございます。

    さて、ストップレベルのインジのパラメータ設定については
    だいぶ理解できたのですが、もし、お時間がありましたらオシレーターの
    簡単な解説をお願いできたら嬉しいです。
    パラメーターの設定や紫のラインと水色のラインの使用方法について。

    このオシレーター(DSO)はネットでは見つからなかったので、
    以下のサイトを参考にして自分で作ってみました。

    ・Double Stochastic Oscillator
    https://goo.gl/pi99JQ

    ・DSO(Double Stochastic Oscillator)
    https://goo.gl/g937OV

    損益率についての重要性についてもよく分かりました。
    スキャルの場合には、「勝率 [70%]、損益(RR)比 [1:0.8]」くらいが
    バランス的に良いのでしょうか?

    [期待値]0.8 * 0.7 – 1 * 0.3 = 0.26

    次回の手法解説の配布を楽しみにしております。

    • SPEED FX master
    • 2017年 4月 12日

    Hiroさん、コメントありがとうございます。

    自作されるとはスゴイですね!(^^)!

    わたしにはEAやインジの作成は無理だと判断してるのでDSOも作成依頼している状況でした(^^;)

    さて、わたしが使用しているDSOと、HiroさんのDSOの挙動が全く同じかどうかという問題はありますが、

    2本表示している理由は2点あります。

    ①その2本のクロスをエントリーやイグジットの参考に使う場合があるから

    ②決済の判断に長期(水色)のオシレーターを使う場合があるから

    です。

    短期のオシレーターのパラメーターは

    KPeriods 20
    KSlowingPeriods 10
    DPeriods 5

    長期は

    KPeriods 30
    KSlowingPeriods 15
    DPeriods 10

    です。DPeriodsはわたしは表示していないので数値は関係ないのですが、
    解説書では短期オシレーターのクロスで判断すると記載していました。

    単体のオシレーターのクロス判断は見にくいので 現在は短期と長期の2本のみを表示して検証しています。

    損益比率の重要性について分かっていただけて何よりです(^◇^)

    目指しているのは破産確率1%未満の損益比率&勝率ですので、期待値は高いほどいいのですが、

    短期売買であるSPEED FXでは損益比率1:1 勝率80%を理想としています。

    現実では損益比率1:0.75 勝率75%程度になっています。

    理想の損益比率を維持するようにレベルストップやオシレーターを(変動幅に合わせて)設定されると良いと思いますが

    実際にはストップを小さくすることのみが現実的な対応手段ですので、レベルストップを無駄な転換が出来るだけ少なく、且つできるだけ短期に設定するのが理想以上のPFをたたき出す最適解だと判断しています。

    ちょっと体調を崩してしまっていて今日できるか解りませんが、動画でもオシレーターについて話してみようと思います。

    わたしの返事が長くなる場合が多いのでよろしければサイト右上の『お問合せ』からご連絡いただければメールにて回答します。

    このコメントでは画像とか添付できませんからね。ではでは(=゚ω゚)ノ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. FX戦記

    トレード動画&規律とは何なのか?
  2. MUSIC

    トレード中に聴く音楽3
  3. MT4関連

    MT4スピード注文が機能しない?コメントへの返信動画
  4. FX戦記

    2016年8月雇用統計後の展望 ~動画解説~
  5. FX戦記

    バンドについて少し
PAGE TOP