短期売買の最高到達点 Zenith of Day trade

バンドについて少し

動画は22分ぐらいまででしょうか。

その後は眠りながらしゃべってるようで、ぐだぐだしてます。


参考とするインジの情報を総合的に判断して

より優位な位置でエントリー・イグジットするためのタイミングを測る。

 

単体で機能するものではないので総合的な判断が必須ということですね。

 

MACD、DSO、バンド、高安値の推移から短期的な転換位置を測定する。

その精度は経験によって向上していくものだと思います。

高安値はただの前回、前々回の高安値で、一分足ではダブルボトムとかヘッドアンドショルダーとかのパターンまでは診ていません。


チャートで売り買いの趨勢を読むのがまず在って、バンドやオシレーターなどの参考インジは

自信過剰が暴走しすぎないための歯止めにもなりますから

 

やはりあった方がいいんでしょう。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト管理人

name:T.K

2004年に国内株式の売買を本格的に開始。
225先物、FXと流れる中でコツコツドカンにより幾度も退場を経験。しかし、諦めずに考え続けて1分足でのマイルールを構築。
2018年EA化に向けてi custom勉強中ですがさっぱりわかりません。サッパリです(‘_’)

YouTube動画はここをクリックです。

解説書のDLにはfx-onの会員登録が必要です。

事前に会員登録しておくとダウンロードはスムーズです。
登録するのは『通常会員登録』です。

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

解説書DLありがとうございました。レビューは下の画像リンクからお願いします(≧▽≦)

手法詳細↓

アーカイブ

2019年8月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

投票よろしくお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
上のクリックもお願いします(*‘ω‘ *)

経済指標&為替最新ニュース!

為替レートは