短期売買の最高到達点 Zenith of Day trade

恐怖とリラックスは同居できない

対極の状態である『恐怖』と『リラックス』を同時に感じることはできないそうです。

よって、恐怖を克服するにはリラックス状態に自分を置けばいいということになります。

 

リラックス状態を維持することはトレーディング(特に短期売買)で良い成績を出す為に必要なことだと感じます。


リラックスとは快適(不安なく心地よい)状態にあること と言えるでしょう。

・物事が思い通りになっているとき

・他者の介入がない場所・とき

・好きなことをしているとき

・承認・称賛されているとき

などいろいろあると思いますが

わたしは

・いかなる事象が起きてもそれらに対応・処理できるという確信に満ち、落ち着いているさま

であると捉えています。

こころ(感情・意識)に不規則なゆらぎが極めて発生しにくい状態ですね。

それが自信であると思うし、少なくない多幸感を含んでいると思います。


瞑想や体操、暗示によって脳波をリラックス状態に調整可能なことは昔に判明しています。

そんな中、どんな手段でリラックス状態を作り出すのが一番いいのか

いろいろと本を読んだ結果、『呼吸法』と『イメージング』がシンプルで自由度が高く、手段としては優れているのではないかと考えました。

 

ほんとに単純で、呼吸はただ深く イメージはお風呂に入っている時やきれいな波を眺めてぼーっとしているとこを回想するような感じです。

どういうときにリラックスしているかと問われるとなかなか出てきませんが、

24時間のどこにも見当たらない場合は 寝る前と起きた時の15分付近なら作り出しやすいと思います。


リラックス状態を作るには理屈ではなく感覚を用いるのが近道のようなので

自己暗示(自律訓練法)の本とかも良さそうです。

 

今日はアインシュタインファクター、体感イメージで願いをかなえる、イメージ・ワークブック、あきらめなかった人々

という本をさっと読んでました。

Amazonでは体感イメージで願いをかなえるという本の評価が高かったのですが、わたしはイメージ・ワークブックの方が学びになりました。

あと『ゾーン 最終章』に名前があったシャクティ・ガワインさんの本もさらっと。

これは望月俊孝さんの宝地図にざっくりとですが似ているなと感じました。


自律訓練法の本は来年読みます。

 

そこで何か新しい発見がある気はしませんし

売買経験+履歴の記帳をやるのが一番だと思いますが

 

より多くを知っておいて損はないですからね。

特に近視眼的になりやすい短期売買では自分なりのリラックス法を持つことはかなり重要だと感じています。

今日は暖かかったので自転車でいつもガラガラの喫茶店に本読みにいったらどこも人でいっぱいでした。

ゆっくり読むつもりで行ったので残念でしたねー( ;∀;)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト管理人

name:T.K

2004年に国内株式の売買を本格的に開始。
225先物、FXと流れる中でコツコツドカンにより幾度も退場を経験。しかし、諦めずに考え続けて1分足でのマイルールを構築。
2018年EA化に向けてi custom勉強中ですがさっぱりわかりません。サッパリです(‘_’)

YouTube動画はここをクリックです。

解説書のDLにはfx-onの会員登録が必要です。

事前に会員登録しておくとダウンロードはスムーズです。
登録するのは『通常会員登録』です。

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com

※2018年8月いっぱいまでインジケーターフルセットの手法解説書を数量限定公開しています。

画像クリックで商品ページに移動します。

9/1読者様向け公開期間終了しました。

DLありがとうございました。

アーカイブ

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

投票よろしくお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
上のクリックもお願いします(*‘ω‘ *)

経済指標&為替最新ニュース!

為替レートは

FX経済指標

FX初心者向けの比較サイト

外貨取引 手数料FX投資ツール