手法解説書関連

SPFX-DSO-VAの設置方法

※手法入手された方向けの解説記事です※
SPFX-DSO-VAはボイスアラート付きですので、セッティングには通常とは違った手順が必要です。
以下に手順を記載していますので参考にしながらセッティングしてください。
——————————————————————————————
SPFX-DSO-VA 及び ボイスファイル「dso」設置について

まず「SPFX-DSO-VA」は通常通りインジケーターのフォルダにコピーして下さい。

 
次に、添付の【SPEED FX】DSO-VAのファイルの中に「dso」というサブフォルダがあるのですが、

この「dso」というサブフォルダごとMT4のSoundsの中にコピーしていきます。

 
画像と共に手順を記載します。
 
 
手順①デスクトップ上のMT4のアイコンを右クリックするとポップアップメニューが表示されます。

     上から二つ目に「ファイルの場所を開く」というメニューがあるのでそれをクリックします。

アイコンを右クリックです.png
 

手順②すると下の画像のようにSoundsというファイルがありますのでそれをクリックします。

手順③開いたSoundsの中にはMT4標準のwavファイルがいくつかありますが
      そこに「dso」をサブフォルダごとコピーしてください。
これで設置は完了です。MT4を起動してチャートにSPFX-DSO-VAを表示してみましょう。
尚、dsoというサブフォルダの名前を変更すると機能しないのでご注意ください。

 

ボイスアラートに対応している通貨は ユーロドル 、ユーロ円、ドル円、ポンド円、ポンドドルの5つです。
 
ボイスアラートの使用方法ですが、DSOのパラメータ設定の「ラインブレーク時にアラート」
「ラインクロス時にアラート」の2つの項目で「ボイス形式」を選択するとボイスアラートが有効になります。
デフォルトではラインブレークとラインクロスの両方をボイス形式に設定してあります。
 
異なる通貨ペアでDSOのボイスアラートが同時に発生した場合には、約10秒ずらして鳴らすようにしています。
※1つ機能的制限事項があるのですが、他のインジケーターが表示するポップアップ
 アラートとDSOのボイスアラートが同時に発生すると、ボイスアラートが鳴りません。
 これは、Alert()とPlaySound()をほぼ同時に実行するとPlaySound()の方が無視されてしまう、
 という現象がMT4にあるためです。
 例えば、ボイスアラートの途中でレベルストップの転換が確定したら
 ボイスアラートが途中で止まってレベルストップのアラート音が優先される。という現象です。
 わたしは特に気にしていません。
——————————————————————————————
以上です。

関連記事

  1. 手法解説書関連

    【SPEED FX】手法解説書ver.1公開終了のお知らせ

    【SPEED FX】手法解説書公開から2年が経ちました。使用…

  2. 手法解説書関連

    解説書DLされた方へのお願い動画です(‘◇’)ゞ

    動画の内容は『解説書をDLされたら最終ページまで読んでいただきたい…

  3. 手法解説書関連

    10月19日投稿分 ― レビュー後のご連絡のお願い

    こんにちは。T.Kです。早速ですが 10月19日に手法解説書の…

  4. 手法解説書関連

    現行テンプレートのDL配布2019.7.2更新

    おはようございます。そして明けましておめでとうございます。 …

  5. 手法解説書関連

    Sさんからいただいたご質問への回答動画です。

    ご質問があったので動画で回答しました。ちょっと疲れていて めち…

  6. 手法解説書関連

    MACDの見方について と ご連絡

    こんにちは。T.Kです。『サブに表示してあるMACDはどのよう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 未分類

    コメントへの返信動画+解説書追加
  2. MT4関連

    売買タイミングを計る方法
  3. FX とは

    米国の主要経済指標を知る
  4. FX戦記

    高勝率トレード
  5. FX戦記

    7/14トレード結果
PAGE TOP